インジケータ等のMT4へのインストール・設定方法

ここでは FIC EO インジケータを例にご説明します。その他のインジケータやEAも同様の手順になります。ファイルのコピー元、コピー先を間違えないようご注意ください。

Step 1.ファイルのダウンロードとZIPファイルの解凍

ダウンロードしたEA・インジケータファイルがzipファイルの場合、任意のフォルダへ展開してください。

通常、  Indicators 、 Experts 、Images などのフォルダがあります。(製品により異なります)

Step 2.MT4のMQL4フォルダ(プログラムやデータを保存するフォルダ)を開く

次に MT4 を起動し、「ファイル」→「データフォルダを開く」を選択すると、エクスプローラーが表示されます。この中の「MQL4」フォルダの中が、今回利用するインジケータなどのファイルのコピー先フォルダとなります。Indicators、Experts、Images などのフォルダが確認出来ます。

Step 3.ファイルをコピーする

Step1で表示したフォルダのファイルを、Step2で表示したフォルダへコピーします。
ファイルの親フォルダ名を間違えないようにご注意ください。また全てのファイルをコピーしてください。

※別途コピーすべきファイルの指示などがある場合はそれに従ってください。

Step 4.MT4のナビゲーターを更新する

ファイルをコピーしただけでは、ナビゲーターにインジケータが表示されません。

ナビゲーターの上で「右クリック」を押し、「更新」を選択することにより、Step3でコピーしたプログラム・ファイルが表示されます。

Step 5.基本設定  EA(エキスパートアドバイザの場合)

Fundamental Prime Web API を利用する のエキスパートアドバイザ(EA)を使うためには、DLLの仕様を許可する必要があります。

「ツール」→「オプション」→「エキスパートアドバイザ」の「DLLの仕様を許可する」をONにしてください。

Step 6.MT4のチャートウインドウへインジケータを適用

今回インストールしているインジケータを、ナビゲータの中から探してください。「左クリック」でインジケータを表示したいチャートウインドウへドラッグアンドドロップを行うと、チャート画面にインジケータが適用されます。

初回は、説明・設定のダイアログが表示されます。

Step 7.インジケータのパラメータ設定

Step6で表示されるインジケータのダイアログで設定項目があります。

「Common」タグの「Allow DLL Imports」をONにしてください。

また、インジケータやEAにより異なりますが、Fundamental Prime を利用するプログラムでは、ユーザー認証のためのID「FPUSERID」が必要となります。

「Input」タグのから「FPUSERID」項目を探し、この項目にあなたのFPUSERIDを入力してください。

FPUSERIDは、Fundamental Prime Webサイトへログインし、画面左のメニューバー上部、お名前の書いてある欄に記載されています。

これにより、動作が開始します。

EAやインジケータのインストール方法は、ネットに沢山の情報がありますので、そちらも合わせてご参照ください。